O チーム力開発・営業変革のアイマム

home > ニュース&トピックス > アイマム、中小企業向け「180日間会社変革プロジェクト」サービスを開始

プレスリリース

2015年2月9日

アイマム、中小企業向け「180日間会社変革プロジェクト」サービスを開始
~エグゼクティブコーチングと営業変革を連動させ経営目標を達成する支援~

チーム力開発と営業変革のサービスを提供する株式会社アイマム(本社:東京都港区、代表取締役社長:嶋谷光洋、http://www.i-mam.co.jp/ 以下、アイマム)は、中小ベンチャー向けに「180日間会社変革プロジェクト」のサービスを今月から開始します。経営者へのエグゼクティブコーチング*1と営業変革を連動させることで経営目標達成を目指すプログラムです。

アイマムは、これまで大手鉄鋼メーカーグループや食品販売会社等に対し、OJC(オンザジョブコーチング)の考え方をベースにチーム力開発・営業変革プログラムを提供してきました。これらの実績あるプログラムを中小企業向けに展開することで事業拡大を図ります。

■中小企業現場ヒヤリングから見えた課題

画像1

今回のサービス開始にあたり、同社代表取締役社長の嶋谷光洋は次のように述べています。
「日本には高い技術力を伝承し続けてきた中小規模の優良企業が多く存在します。しかしながら、業績が社内にオープンになっていないため、社員が貢献意欲や達成感を持ちにくい、あるいは関連部署間で公式会議がなく、問題解決の場がないといった課題が見られます。また、営業面では、数字目標が明確でない、成果報酬がないことから、競争原理が働きづらいといったことが現場ヒヤリングから分析しました。私たちは、自分たちが強みとするエグゼクティブコーチングと営業実績の出ている180日間営業変革プロジェクトを組み合わせて提供することで、中小企業の経営力強化を支援していきたいと思います」

エグゼクティブコーチングを担当する同社専務執行役員の仁科雅朋は次のように述べています。
「これまでのエグゼクティブコーチングは、社長個人に実施することが一般的でしたが、アイマムのエグゼクティブコーチングは、経営者個人だけでなく、経営主要メンバーに対するグループコーチングまで含めた点が特徴です。これら一連のエグゼクティブコーチングを導入部分で行い、経営ビジョン、方針、数字目標を明確にすることで、現場での営業変革マネジメントサイクルの習慣化を実現します」

■「180日間会社変革プロジェクト」の概要

<ゴール>
・経営陣へのエグゼクティブコーチングにより経営軸となるビジョンを共有し、一枚岩を醸成する
・経営ビジョン、目標を明確化し、達成へ向けて、部門別、営業マン別への実行計画へ落とし込む
・個々の営業活動を見える化し、俗人的な営業活動からチーム営業へ組織風土を醸成する
・結果としての業績管理からプロセス管理の仕組みを構築する
・経営目標数字を達成する

<特徴>
エグゼクティブコーチングを社長ならびに経営メンバーにグループコーチングを同時並行で行うことにより、経営メンバー間の視座、視点、課題感のズレを明らかにし、課題認識と目標を統合します。このコーチングプロセスで経営ビジョン、目標を明確化し、その実現のための部門別目標へと落とし込みを行い、主要成果指標(KPI)の設定というプロセス管理の仕組みを構築していきます。具体的な第1ステップは、会社全体の目標を達成するという事業全体のロードマップを完成させること。第2ステップはロードマップの達成へ向けたマネジメントや部門ごとのチームづくりを「アクションラーニング」*2というグループで課題解決する手法を使って支援していきます。料金は6ケ月360万円から。

<プロジェクト導入後の成果>
・業務効率化によるコスト削減の要点が明確になる
・顧客の見直し、選択と集中による業務効率向上と業績アップの道筋が明確になる
・ビジョン実現に向けての一体感が醸成される
・ビジョン実現に向けてのプロセスが明確になり、やるべきことが明確になる
・経営軸、仕事の軸が明確になるため、人材育成のポイントが明確になる
・参加メンバーの問題解決志向、目標達成志向が醸成される
・事業進化ロードマップの完成

○次のような組織改革を目指す企業に適しています。
・営業、販売を強化し、業績向上を目指したい
・無駄なコストを上げ、収益の向上を図りたい
・旧態依然としたやり方から脱却し、結果ではなくプロセス管理で仕事の見える化を図りたい
・ビジョンを明確化し、経営陣の意思統一を図りたい
・楽しく働き甲斐のある組織風土を醸成したい

*1「エグゼクティブコーチング」詳細はこちら

*2「アクションラーニング」
グループで現実の経営課題の解決を実践する教育研修手法。緊急性がありかつ重大な現実における問題を経験し、チームで問題点を捉え、振り返り、分析し、解決方法を探り、行動を起こすという一連のプロセスを体験する学習。「質問」をベースに進めていくことで、個人、グループ・組織の学習する力を養成する。リーダーシップの開発や、チームビルディングなどに効果を発揮する。ジョージ・ワシントン大学大学院のマーコード博士によって開発されたため、「マーコードモデル」とも言われている。※アクションラーニングは、2005年アイマム社で商標登録。

【アイマムについて】
チーム力開発と営業変革を軸としたサービスを展開。理念は、教育をしなくても人が育つ創発する組織を作ること。チームが化学反応を起こせる創発空間作りとその習慣化を支援するプログラムを提供。2000年にOJTを効果的に行うメソッドOJCを開発。2003年、他社に先駆けてアクションラーニング事業開始。2004年には提携講師・コーチ・コンサルタントが200名を超える。2005年営業コンサルティング事業を開始。現在の主力サービスは、「180日間営業変革プロジェクト」「180日間マネジメント変革研修」。主な取引先は、大手鉄鋼メーカーグループ・大手食品販売グループ・大手レンタルショップ等。

名称:株式会社アイマム
本社:〒105-0013 東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエアStudio1407
代表者:代表取締役社長 嶋谷光洋
設立:2000年
事業内容:事業内容:①創発するチーム作りによる組織変革コンサルティング
②営業分野のコラボレーション事業
③人材育成プログラム開発
URL:http://www.i-mam.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アイマム TEL:03-5408-6151 FAX:03-5408-6152 press@i-mam.co.jp

  • セミナー一覧

アイマムへのお問い合わせ

ご質問やご相談を承ります

03-5408-6151

お問い合わせフォーム